【神の雫ワイン】コスパ泡!クレマン・ド・ロワール


悩んでいる人
悩んでいる人

コスパの高いスパークリングワインを探しています。
気軽に飲める人気のワインはどれだろう?


こんなお悩みを解消する記事です。


暑い季節や最初の1杯、キレあるワインを飲みたい時においしいのが、しゅわっと爽快なスパークリングワインですね。


スパークリングワインと一口に言っても実に様々な種類があり、当然価格もさまざま。


晴れの日やリッチにグラスを傾けたいシーンにはシャンパーニュなんかがふさわしいですが、もっと気兼ねなく楽しみたい時にはどんなものを選んだら良いのでしょうか?


そこで今回の記事では、ワイン漫画「神の雫」にも登場した日常使いにぴったりなカジュアルスパークリングワインをご紹介します!


hiromi
hiromi

気軽にデイリーに楽しめるスパークリングワインをお探しの方におすすめしたい1本です♪
漫画・神の雫でも紹介されたことから、以前より注目度の高いお手頃な泡ですよ。ぜひチェックくださいね!


神の雫ワイン「クレマン・ド・ロワール」/モンムソー

Cremant de Loire / Monmousseau


「千円台で気軽に飲める泡が欲しい!」


そう思った時におすすめしたい1本がこちらです。


フランス北部のワイン産地として名高いロワール地方の「モンムソー」という生産者が手掛ける「クレマン・ド・ロワール」


漫画「神の雫」13巻にも登場したことでご存知の方も多いかもしれませんね。

漫画『神の雫』にも掲載!ビジネスクラス採用のフランス産スパークリングワイン





「クレマン」ってどんなワインのこと?

フランスの7つの地方で造ることが認められたスパークリングワインの呼称。
製法はシャンパーニュと同じ「瓶内二次発酵」が用いられる。

価格はシャンパーニュよりも手頃なものが多く、ガス圧も低め。

ブルゴーニュ、ボルドー、ロワール、アルザス、ジュラ、リムー、ディーでの生産が認められる。
ラベルには「Crémant+地方名」が表示される。




漫画のストーリーの中で、とある料理に合うワインを追求する主人公が「スパークリングワイン」に目をつけ、そこでテイスティングしたワインのひとつがこの「クレマン・ド・ロワール」だったのです。

「韓国料理に合うワインリストを作ってほしい」という依頼を受けた太陽ビールワイン事業部。神咲雫(かんざき・しずく)は、ワインの可能性を信じ単身韓国に飛んだ。なかなか手がかりを見つけられずにいたが、思いがけない形で…



漫画の中で書かれた「長く余韻を引くシルキーでいい泡」のこのクレマン、価格が千円台でとてもお手頃なんです。


この価格帯を予算にスパークリングワインを探すとなると、よく候補に挙げられるのはスペインのCAVA(カバ)やイタリアのプロセッコあたりもおすすめです。


フランス産で手頃かつコスパ高いものとなると簡単には見つけづらかったりもしますが、そんな中でもこちらは評価の高い1本と言えます。

漫画『神の雫』にも掲載!ビジネスクラス採用のフランス産スパークリングワイン




デイリーワインとして肩肘張らずに楽しめるスパークリング。


日常的な食事に馴染みやすい1本です。




一例として、この「クレマン・ド・ロワール/モンムソー」を飲んだ日の食卓。


イワシの香草焼き、パクチーたっぷりタコ&トマトソテー、甘さにほっこりひげ根つきヤングコーンがテーブルに並びましたが、苦味にスパイスやハーブ、塩気などの要素に対して寄り添うフレンドリーさにワインが進みました♪


日常飲みにおすすめのスパークリングです♪


漫画『神の雫』にも掲載!ビジネスクラス採用のフランス産スパークリングワイン




関連記事




>>新レッスン情報はこちら





★レッスンやワイン検定、ワインセット限定販売などの情報は公式LINEからいち早く受け取れます。友達追加はこちらから♪





この記事が気に入ったらいいね!をお願いします♪

このブログを書いた人

佐藤 洋美ワイン講師/ワインメディア運営
「正しく」より「楽しく」ワインを飲める人を増やしたい!

ワインスクール(東京都内/オンライン)、ワインメディアを運営しています。

Kindle電子書籍「超初心者でもワインは選べる!ソムリエ講師が教えるワイン入門」Amazonカテゴリー1位ランクインしました。

2021年よりおすすめワインセットの限定販売も始めました。