ボルドー格付けカロンセギュールのサードラベルが優秀だった件


先日開けたボルドーの赤ワイン「サンテステフ・ド・カロンセギュール 2015」

その品質の高さに素晴らしく感動したので、ぜひご紹介したく記事にしました♪


正直、ボルドーの上質ワインは開け時に迷うこともあったりするのですが、このワインの2015ヴィンテージは今飲んで文句なしに美味しかった!

ボルドー優良生産者の品質の高い赤ワインを飲みたい方は、まずここから始めると良いのでは?と思うくらいです。


ぜひチェックしてみてくださいね!

「サンテステフ・ド・カロンセギュール」とは

私が実際に飲んで一押しする「サンテステフ・ド・カロンセギュール」はどんなワインなのでしょうか。

ここで生産者の基本情報や歴史、ボルドー地方の基礎知識などまとめていきますね。

生産者「シャトー・カロンセギュール」

公式Instagram @chateaucalonsegur より


このワインを手掛けるのはフランス・ボルドーの歴史ある生産者「Château Calon-Ségur」
シャトー・カロンセギュールと読みます。


シャトーはフランス語で「城」の意味。

貿易で財を成し発展していったボルドー地方では、かつては貴族の住む邸宅(シャトー)に醸造施設を備え敷地内の畑で育ったブドウからワイン造りが行われてきました。

ボルドー地方のワイナリー巡りをすると豪華絢爛な城が軒を連ねている地区もあり、「シャトー○○」という名前の生産者が多いのが特徴的です。


(そのようなワインは栽培から瓶詰めまで一貫して行ったことを意味し、ラベルにMis en Bouteille au Chateau=シャトー元詰めと記載がされます)

公式HP https://www.calon-segur.fr/ より


カロン・セギュールと言えばハートが描かれたファースト・ラベルが非常によく知られています。

ボルドー地方・メドック地区の格付け3級ワインとして君臨し、このロマンチックなラベルのデザインも手伝って、男性が女性に愛を語る時やバレンタインに飲みたいワインとしても選ばれることが多いですね。



18世紀、このシャトーのオーナーだったセギュール伯爵は、現在の五大シャトーに数えられる「ラフィット」や「ムートン」、「ラトゥール」など名だたるシャトーも所有していました。


ルイ15世からは「ぶどうのプリンス」と呼ばれるほどの名声を得るほどだった伯爵が、何よりも欲しがったシャトーが「カロン」(当時の呼び方)だったんだとか。


念願のカロンを手にしたセギュール伯爵によって、シャトーの名前が「シャトー・カロン・セギュール」に改められました。


後に所有していた複数のシャトーを手放すことになった伯爵は、自身の名前を冠したカロンセギュールだけは最後まで手元に残し、「我、ラフィットやラトゥールを造りしが、我が心カロンにあり」との名言を残したことは今でも語り継がれています。

ラベルに描かれたハートマークは、伯爵のシャトーを愛する気持ちを託したものなのです。




*引用元はこちらの書籍。2019年のベストセラー「教養としてのワイン」著者が、知っておきたい「高いワイン」を一挙に解説された本。フルカラーのワインボトルの写真を眺めているだけで心ときめくのですが、中国の高級ワイン気になります…!


昔から評判の高いシャトーではありましたが、2011年に現オーナーに変わった後に行われた設備投資やブドウ樹の植え替えなどが成功し、現在ではメドック格付け3級の中でも筆頭格となっています。


所在地はボルドー地方メドック地区

引用元:https://www.bordeaux-wines.jp/


さて、シャトー・カロンセギュールは世界的銘譲地フランス・ボルドー地方のメドック地区、サン・テステフ村にあります。

上の地図からも分かる通り、ボルドー地方にはジロンド川という大河が流れ大西洋に注ぎ込みます。
(ちなみにジロンド川はドルドーニュ川とガロンヌ川が合流した川です)


ボルドー地方のワイン産地は川の周辺に広がっていますが、シャトー・カロン・セギュールがあるメドック地区はボルドー市(赤字でBORDEAUXと書かれた場所)の北側のエリア。


メドック地区のワインと言えば有名なのが「メドック格付け」なる制度です。

メドック格付け

1855年にナポレオン3世の発案によって制定された格付け制度。

同年に開催されたパリ万博で、世界中の人々へボルドーワインをアピールする狙いがあったようです。


当時1,000ほどあったシャトーの中から当時特に秀逸なシャトーを選出し、61のシャトーを市場取引価格を基準に1級から5級まで格付けしたもの。


シャトー・カロンセギュールは3級ワインの筆頭格です。


1級に格付けされた5つのシャトー(ラフィット、ムートン、ラトゥール、マルゴー、オーブリオン)は「五大シャトー」と呼ばれ、2級とは価格も名声も別格の存在としてワイン愛好家の垂涎の的となっています。




フランス人は格付けが大好きと言われていて、世界的グルメガイド・ミシュランガイドもフランスのタイヤメーカー「ミシュラン社」によって発売されたことからも伺えますね。


ボルドー地方にはおよそ8,000のシャトー(生産者)があると言われますが、地区ごとにシャトーの格付け制度が存在しているのです。


このように【シャトーの格付け】を行う例は他の産地では見られません。


つまり、ボルドーワインは「誰が造ったか(生産者)」が重要視されるということを示しています。


そういった意味では、信頼のおける生産者、自分好みのワインを生み出す生産者を見つけるのがボルドーワインを楽しむ流儀とも言えるかもしれませんね。


「サードラベル」のワインとは


とは言え、ボルドー格付けシャトーの「ファースト・ラベル」は、日常的に気楽に試せる価格ではないのが実際のところ。


1級に格付けされた五大シャトーともなると1本数万円〜ですし、このようなワインを飲むには飲み頃やら飲み方やら慎重に考える必要があり、なかなか簡単には手を出せなかったりもします。


一度は飲んでみたいけど、やっぱり自分には無縁なのかな。。。


と思った方へこんなご提案です。

 格付けシャトーのスタイルを
 まずは「セカンドラベル」や「サードラベル」で
 気軽に試してみよう♪


実際に今回私が飲んで感動した「サンテステフ・ド・カロンセギュール」は、シャトー・カロンセギュールのサードラベルです。


ファーストラベルが概ね15,000円以上〜(ヴィンテージによって+1万円ほど幅があります)なのに対し、セカンドラベルは3分の1ほどの価格。サードラベルはより価格が手頃な3,000〜4,000円台です。


サードラベルは、最も価格帯が抑えられながらも造り手(シャトー)のスタイルを踏襲した、親しみやすい味わい


ファーストラベルともなると長期熟成が必要な骨格の強さがあるのに対し、セカンド、サードとなるに従って飲み口が柔らかく早いうちから美味しく味わえるのが魅力でもあります。


左から1st, 2nd, 3rdラベル。公式HP https://www.calon-segur.fr/ より



【ファーストラベル】

各ワイナリーの顔とも言える最高品質のワイン。
原料ブドウの選別を厳格に行い、凝縮度の高い骨格ある味わいのため飲み頃まで10年以上の熟成を要するものも少なくない。


【セカンドラベル】

樹齢の若い樹から収穫されたブドウや、ファーストラベルの基準に達しなかったブドウが原料に用いられる。
ファーストラベルよりも飲み頃が早く親しみやすい味わいで、シャトーのスタイルを気軽に楽しむことができる。


【サードラベル】

最も軽やかで早いうちから楽しめるカジュアルなスタイル
サードまで生産するシャトーは少なく、価格帯も最も手頃なため人気が高く品薄になりやすい。


ファーストラベルと比べると凝縮感や深みの部分で違いはありますが、普段は手が届かない一流シャトーのワインをカジュアルに楽しみたい方は、ここから試してみてはいかがでしょうか♪

サンテステフ・ド・カロンセギュールの味わい


さて。今回はじめて開けてみたサードラベル。

ワイン名にある「SAINT-ESTÈPHE」はサン・テステフと読み、シャトーがある村の名前を指しています。


ヴィンテージ(ブドウの収穫年)は2015年

ボルドー地方では天候に恵まれた優良年(グレート・ヴィンテージ)で、温暖で乾燥した気候のもと凝縮度たっぷりのブドウが収穫できたようです。


公式サイトによると、サードラベルには比較的若い樹が植えられている区画のカベルネ・ソーヴィニヨンとメルロがバランス良くブレンドされているそう。


ワインを開けた日は大好きなメンバーと一緒に、すでにスパークリング→白→赤と一通り楽しんだ後。

酔い具合もなかなか良い感じだったのですが笑、グラスに注がれたワインの香りをひと嗅ぎしてハッと目が覚めるようでした!


セラーから出したてでまだ温度が低いにも関わらず、開けたてから香り高さが満開。

私は良いワインに出会うといつもこうなるのですが、香りがすでに美味しくてずっと堪能していたくて、早く飲むことが勿体なく感じられてしまって…。


コクと温かみを感じさせるベリーと樽の上品な香り。
サードワインでよく表現されるフレッシュさとは少しギャップがあり、もっと深遠さを感じさせました。


でも確かに親しみやすい!

凝縮感ある熟れた果実の旨みと甘味、心地よい酸味にこなれた渋み。


上質なボルドーワイン入門編として間違いがないし、何かと気難しさのあるボルドーワインの良さをしなやかに華麗に、最大限表現してくれるワインだなと感激してしまいました。

適したグラス


飲む時にはぜひボルドーグラスで。

私が飲んだ時のグラスは丈夫でフォルムもおしゃれなシェフ&ソムリエの「タニック」というタイプ。名前の通り渋み(タンニン)の豊かなワインに適した形状のものです。


ソムリエが選んだ、理想のワイングラス。「タニック」は力強いタンニンをもつワインにとくに適しています。


ワイングラスの定番RIEDEL(リーデル)も人気がありますね。こちらが一般的なボルドーグラスの形状です。

マシンメイドでリーズナブル。世界中に普及したベストセラー。フルボディで、渋みの強い赤ワインに最適です



適したグラスで飲むかどうかでまた味わいの感じ方が変わってくるので、グラスのチョイスにこだわってみるのもとても大事です。


相性の良い料理


相性の良い料理はなんと言っても肉料理

牛肉のステーキや赤ワイン煮込み、ラムチョップなど赤身の肉、スペアリブなど、しっかりした肉料理と共に味わってみてくださいね。

ブルーチーズや熟成チーズなどの味の強めのチーズともよく合いそうです。



メドック3級の実力派シャトー「カロン・セギュール」のサードラベル2015年は、今開けても最高潮に美味しく、ボルドーワインの良さを実感できるポテンシャルを秘めたワインでした!


歴史ある一流生産者が手掛ける赤ワイン、一度体験してみてくださいね。


アルコール度:13.0%/タイプ:赤ワイン、フルボディ



セカンド・ラベル



ファースト・ラベル

凝縮感溢れるアロマ、力強い味わい。長期熟成により花開くボルドースタイルの赤

(*ワインの価格はそれぞれヴィンテージで異なります)




最新情報はLINEにて配信中です。






この記事が気に入ったらいいね!をお願いします♪