意外といける?たこ焼きとワインのマリアージュやおすすめワインをご紹介!



たこ焼きとワイン。


「合うんですか?」と言われることが多いです。


庶民的なイメージのたこ焼きとワインを合わせるのがギャップに感じられることもありますが、実はたこ焼きはスパークリング、白、ロゼ、赤と万能に合わせることができるんですよ!


今日はそのポイントについて解説していきますね!

「たこ焼きと言えば!」なワインはこれ



大阪はカタシモワイナリーさんの、その名も「たこシャン」♪


キャッチーなネーミング!

ラベルもたこ焼きを思わせるようなモチーフがデザインされています。


こちらは食用ぶどうとして日本でよく知られる「デラウェア」を原料に使い、シャンパーニュと同じ【瓶内二次発酵】という製法で手間ひまをかけて造っています。


たこ焼きをはじめとする粉ものにしっかり合い、クオリティーの高さにも驚かされた1本です。


ワイワイ楽しむ時に話題にもしやすく盛り上がりますよ♪

粉ものに“酵母感“のある「スパークリング」を合わせる考え方



ワインと料理のペアリングは共通項で合わせる。


これが一般的な考え方です。


たこ焼きは粉ものなので、ワインにイースト(酵母)のニュアンスが垣間見えるものを合わせるのも良いですね!


近所のスーパーで購入したセグラ・ヴューダスのカバ。1500円くらいでした



酵母感のあるワインの代表格は一部製法で造られたスパークリングワイン。


・フランスのシャンパーニュ

・スペインのCAVA(カバ)


が代表的。


いずれも瓶内二次発酵という製法で造られ、この過程の中で酵母とワインを接触させて一定期間寝かせることにより、ワインから焼きたてのパンのような風味がほんのり感じられたりするんですね。


ちなみに先ほど挙げた大阪の「たこシャン」も瓶内二次発酵製法ですから、粉ものとの相性の良さに納得できます。


ちなみにシャンパーニュとCAVAでは価格帯に開きがあり、CAVAは手頃なものだと1000円くらいから買えますが、シャンパーニュは安くても4~5千円くらいはします。


優雅にたこ焼きを楽しみたい時はシャンパーニュ、肩肘張らずにぐびぐびしたい時はCAVA。

このように分けてみてくださいね♪


白ワインにはたこ焼きの「塩」!


ワインと料理を合わせる時は「調味料」や「ソース」も非常に重要なポイントです。


もし辛口の白ワインに合わせるのであれば、甘みのあるソースではなく、あっさりいただける「塩」にしてみましょう。


たこ焼きを塩で食べること自体も意外かもしれませんが、「たこ焼きの塩」も美味しいですよ^^


変わり種たこ焼きに万能な「ロゼ」の選択肢



「オーソドックスなたこ焼きだけじゃ飽きそうだから、好きなもの入れて焼こう~♪」


そんな時にはロゼワインの選択肢も有りですね。


辛口ロゼワインって、白ワインと赤ワインそれぞれの要素を持ち合わせているので、合わせられる素材や料理の幅が広めでオールマイティーとも言われます。


たこの他にキムチやソーセージ、チーズなどのコクのある素材。

ソースも塩、タレと、多くのバリエーションを試しみたい時に「ロゼ」を選んでみるのも楽しそうですね♪


王道のタレたこ焼きにはやっぱり「赤ワイン」!


甘さと酸味を感じるソースをかけた王道たこ焼きには、渋みの少ないフルーティーな赤ワインが好相性です。


この日は日本の「マスカット・ベーリーA」をチョイスしましたが、文句なしでした。


イタリア産の“赤いスパークリング”の「ランブルスコ」もシュワッと軽快なフレッシュ感と親しみやすい甘みがマッチしそう。
私も今度試してみたいです。


渋みが強調された濃いワインの場合はワインの方が重く感じがちなので、パワフル系赤ワインよりもライト~ミディアムのフルーティー系がおすすめです。

意外といける!たこ焼き&ワイン♪


こうしてまとめてみると、スパークリング、白、ロゼ、赤と、幅広く合わせられることが分かりますね!


具材やソースを変えながら自由に楽しめるのが自宅で食べるたこ焼きの良さでもあるので、ぜひあれこれ試しながら意外な相性を見つけて言ってください。


そして、たこ焼きに合うあなたのおすすめワインもぜひ教えてくださいね♪




〜ワイン情報発信はこちらで行っています〜

>> Twitter ワインに関することを毎日ツイート中!

>> Instagram 私のワインライフを発信中!

>>「ワイン辞書」ワイン用語が分かるインスタアカウント♪

>> 公式LINEアカウント 最新レッスン情報やお得な情報を先行配信中!




★レッスンやワイン検定、ワイン会などの情報は公式LINEからいち早く受け取れます。友達追加はこちらから♪




Instagramも定期更新中!

佐藤洋美 インスタグラム



この記事が気に入ったらいいね!をお願いします♪

このブログを書いた人

佐藤 洋美ワイン講師/ワインメディア運営
「正しく」より「楽しく」ワインを飲める人を増やしたい!

ワインスクール(東京都内/オンライン)、ワインメディアを運営しています。

Kindle電子書籍「超初心者でもワインは選べる!ソムリエ講師が教えるワイン入門」Amazonカテゴリー1位ランクインしました。

2021年よりおすすめワインセットの限定販売も始めました。