サンテロ人気のフラワーボトル「ピノ ロゼ」を飲んでみた感想


サンテロのフラワーボトル「ピノ ロゼ」の味わいってどんな感じ?
どんな料理に合わせるとおいしいのかな?


こんな疑問を解消する記事です。


イタリア・サンテロ社が手掛けるスパークリングワインのフラワーボトルは、夏の気分を華やげてくれるおしゃれなボトルデザイン


今回ご紹介するのはロゼスパークリングですが、先に試してご紹介した白スパークリングの記事も大きな反響をいただきました!




今回はロゼスパークリングの気になる味わいや、合わせておいしい料理、購入できるショップについてご紹介します。


最後までチェックしてワイン選びの参考にしてくださいね!


以前から気になっていたロゼもようやく飲むことができました!
実際に試してみてこれは「リピートしたい!」と思えるワインでしたので、その魅力を今回の記事でお伝えします♪


それでは早速みていきましょう。

世界的なスプマンテメーカー「サンテロ社」

引用元:https://www.santero.it/home-en.html


このワインを手掛けるのは、世界でも広く知られるスプマンテメーカー「サンテロ社」です。


“スプマンテ”とは、イタリアでのスパークリングワインの呼び名


サンテロのスパークリングワインはワイン漫画「神の雫」でもコスパの良いワインとして紹介されたことがあり、スーパーや飲食店でも広く置かれているので実は目にしている方も少なくないかもしれません。


肩肘張らずに楽しめる1,000円台のスパークリングワインは、親しみやすい味わいで私も何度も飲んだことがあります。


ご紹介するフラワーボトルは毎年夏場に見かけることが増えますし、ボトル全体を彩る大輪の花が暑い時期のテーブルによく映えそうですよね!


見た目の華やかさもワインを選ぶ時の決め手になったりしますよね♪
このボトルがテーブルの上にあるだけで、食事の時間がいっそう楽しくなります。


フラワーボトル「ピノ ロゼ」の味わい

開けて2日目になると泡は弱まりますが、柔らかな甘みが引き立ちました。


フラワーボトル「ピノ ロゼ」のブドウ品種はピノ・ビアンコ70%、ピノ・ネロ30%です。

ピノ・ビアンコ(Pinot Bianco)・・・フランスで多く栽培される「ピノ・ブラン」のイタリアでの呼び名。フレッシュでさっぱりとした若飲みワインになる白ブドウ。


ピノ・ネロ(Pinot Nero)・・・フランスでいう「ピノ・ノワール」と同じ品種。繊細かつ芳醇な味わいの赤ワインを生み出す黒ブドウ。



ボトルの裏には【飲み頃温度:6度前後】と書かれていますので、冷蔵庫でよ〜く冷やした状態で楽しむのが吉です。


私が飲みながら残しておいたテイスティングメモをご紹介しますね。


テイスティングメモ

グラスに注いだワインは美しいサーモンピンクの色合い。

よく冷やした状態での香りには爽やかさとキレの良さを感じます。

ピンクグレープフルーツやチェリー、可憐な花などの香り。

口に含むと細やかな泡の刺激と、ピーチやピンクグレープフルーツなど果実の柔らかな甘み

酸味は穏やかで口当たりはまろやか
フルーティーな甘みを全般的に感じさせます。


【抜栓2日目】

溌剌とした泡立ちや酸味は抜けてきて、苺やチェリーの甘みが浮かび上がってきます。

より柔らかな口当たりと果実感に。



白の「ピノ・シャルドネ」はドライな印象が強かったですが、比べるとロゼの方がフルーティーさが強く口当たりまろやか。


酸味が強いのはちょっと苦手…、という方にはロゼの方がおすすめですね♪


そして甘みをより爽やかに味わうには、しっかり冷やすことをお忘れなく。


アルコール度数は11.5%で一般的なワインのアルコール度数(12〜14%)と比べると優しめです。
親しみやすい果実感と相まって、スルスル飲んでしまいますね〜これは、、、笑


合わせたい料理


アルコール度数も比較的低めの軽快でフルーティーなロゼワインなので、料理もさっぱりした前菜系をメインに、あまり重たくない料理が良いでしょう。


イタリアのスパークリングワインということで、イタリアンな雰囲気を意識してみるのも良いですね。


プロシュート(イタリア産の生ハム)も実際とても良い相性で、しっとり柔らかな肉の旨味が引き立ちました。


トマトや黒オリーブを使ったサラダやパスタ、魚介のアクアパッツァなんかも美味しそう!


その他にもサーモンの前菜カプレーゼミートボールなど、様々な料理との相性を楽しんでみてくださいね!



ロゼワインと料理の相性についてはこちらの記事も参考にどうぞ。


ボトル裏にも注目!


このワインのお気に入りポイント!

背面がボトル型にくり抜かれていて、残量がわかるところが素晴らしい配慮なんですよね〜^^


なにせ口当たりが良くていつも以上に飲み過ぎてしまいそうなので笑、自分がどれくらい飲んだか把握できるのはかなり嬉しいポイントです♪


購入できるお店


私は白もロゼも紀伊國屋スーパーで購入をしました。


前回白のスパークリングの記事を書いて以来、数人の方から「私も買ったよ!」「このワイン見かけたよ♪」と写真を送ってもらったのですが、ボトルが華やかなので取り扱いがあればすぐに目につきますね。


ネットでも取り扱いがありますので、さっそく飲んでみたい方はこちらからどうぞ♪

品種:ピノ・ビアンコ70%/ピノ・ネロ30% 味わい:辛口 飲み頃温度:6度 原産国:イタリア(ピエモンテ州)



白はこちら

容量:750ml 品種:ピノ・ビアンコ50%/シャルドネ50% 味わい:辛口 飲み頃温度:6度 原産国:イタリア


まとめ


目を惹くデザインがとても素敵な「サンテロ フラワーボトル」のスパークリングワイン。


・ほんのりした甘みを持ちながら総じて爽やかでドライな白

・ピンクや赤フルーツの香りとフルーティーな甘みがあるロゼ



どちらも甲乙つけがたいですね。

料理や気分に合わせて、気軽に楽しんでくださいね。


ワインを飲む時の気分を底上げしてくれるデザインと、千円台で買えるワインとしてのクオリティ
家飲みにぴったりな親しみやすいスパークリングワインをぜひ一度試してみてください♪
白もロゼもそれぞれ良さがあっておすすめですよ!


それではまた、書きますね♪







★サイト未掲載の限定レッスンやワイン会情報は公式LINEから配信中!
 こちらから友達追加をするとスマホ宛にご案内が届きます♪



人気講座TOP30&トップレビュー獲得♪

超初心者向けワイン入門レッスン 東京都内/オンラインで開催中!

全国各地からご参加いただけます。



この記事が気に入ったらいいね!をお願いします♪