ロゼワインとはどんなワイン?製法や合う料理、美味しい飲み方を解説!


ロゼワインってどんなワインなんですか?
造り方や合わせる料理、ロゼワインを楽しめるシーンなど知りたいです。


こんな疑問を解消する記事です。

「ロゼ」はフランス語でピンクを意味し、ピンクやサーモンピンクの色合いをしたワインを指します。


日本では他国と比べてロゼワインの馴染みが薄く、なかなかその楽しみ方がイメージしづらい方が多いようです。

ですが、世界ではここ数年に渡ってロゼワインがブーム

フランスでは白ワインや赤ワインと同列にロゼワインが親しまれ、アメリカでも近年消費量が急増しています。

見た目が上品で華やかなロゼワイン♪
意外と幅広い料理に合わせやすく、夏場に飲みたいワインの1つでもあります。
ロゼワインの特徴やを知って、ワイン選びの幅を広げてみませんか?


記事の後半ではおすすめロゼワインもご紹介しますので、ぜひ最後までチェックしてくださいね!

ロゼワインの造り方

ロゼワインの美しいピンクの色合いはどこから生まれるのでしょうか。

まずはロゼワインに用いられるブドウや造り方について解説していきます。

ロゼワイン造りに使うブドウ

ロゼワインに用いるブドウは「黒ブドウ」と呼ばれるもの。

青黒い果皮をしていて、皮の部分には「アントシアニン」と呼ばれる色素の成分が含まれており、これがロゼワインの美しいピンク色の元となります。

ロゼワインの製法

ロゼワインの製法は大きく2つに分かれます。

1つは「セニエ法」と呼ばれるもの。もう1つは「直接圧搾法」と呼ばれるもので、どちらの製法をとるかでロゼワインの色の濃さも異なってきます。

セニエ法

黒ブドウを発酵用のタンクに入れると、果汁に果皮や種が漬け込まれることによって「色素」や「渋み」の成分が徐々に染み出てきます。

発酵前もしくは漬け込み(醸し)初期のほどよくピンク色になった液体を抜き取り、その液体を引き続き発酵させるのがセニエ法のロゼワインです。

セニエ(Saignée)とは

フランス語で「血抜き」の意味があり、発酵前や発酵初期の醪(もろみ)からピンク色の果汁を抜くところが「血抜き」のようなので、このように呼ばれるようになりました。



果汁と果皮の接触時間が「直接圧搾法」よりも長いため、色が濃いめのロゼワインとなり、中には赤ワインに近い色合いのものもあります。


直接圧搾法

黒ブドウを圧搾すると、皮からの色素成分(アントシアニン)が搾られほんのりピンク色をした果汁を取ることができます。

このピンク色の果汁をアルコール発酵させたのが直接圧搾法のロゼワインです。

この方法だと色素の抽出量が少なくなるため、「セニエ法」よりも淡い色合いのロゼワインとなります。

赤ワインと白ワインのブレンド

白ワインに少量の赤ワインを混ぜれば、ロゼ色のワインを造ることは簡単です。

しかし、この方法はフランスのロゼシャンパーニュを覗いて法律で禁止されています。


また、ドイツでは「ロートリング」と言って、黒ブドウと白ブドウを混ぜた状態で発酵させロゼワインを造る製法もあります。


ロゼワインの美味しい飲み方


色合い華やかなロゼワインの楽しみ方について、ここからは適した飲用温度やグラス、料理、シチュエーションなどから解説していきます。

温度は冷ためが美味しい

ロゼワインはフレッシュな酸味を引き立たせるために、一般的によく冷やして飲まれます。

冷蔵庫やワインクーラーでしっかり冷やし、キリッとした酸味や爽快な味わいを楽しみましょう。


逆に色が濃いめで味わいにもコクがあるタイプのロゼワインの場合は、冷やしておいたロゼワインを30分ほど室温においてから飲むと、ワインのボリューム感が程よく広がります。


グラスは小ぶり〜中ぶりタイプ

ロゼのスパークリングワインには、フルートグラスと呼ばれる細長いタイプを用いるのがおすすめです。

また泡のない普通のロゼワインの場合、次のようにグラスのチョイスを変えてみると良いでしょう。

【色が淡く軽快なタイプ】

小ぶりなグラス・・・すっきりした風味が生きる。またしっかり冷やしたワインの温度を維持しやすい(温度が上がりづらい)

【色が濃く骨格のあるタイプ】

中ぶりなグラス・・・赤い果実の華やかな香りがグラスからしっかり感じ取れ、ボリューム感ある味わいを存分に感じられる



相性の良い料理やおつまみ


「フードフレンドリー」なのがロゼワインの大きな魅力です。

色が淡くさっぱりしたタイプのロゼ、色が濃く骨格のしっかりしたタイプのロゼと、多様な個性に合わせて様々な食材に合わせることができます。


【さっぱり系ロゼ】

色が淡くすっきりドライな飲み口のロゼワインは、白ワイン感覚で料理を合わせてみましょう。
フレッシュトマトのカプレーゼや魚介のタルタル、魚介の刺身やカルパッチョなど軽めの冷菜をはじめ、素材の味を楽しむ繊細な和食とも好相性です。


【しっかり系ロゼ】

色が濃く骨格を感じられるタイプのロゼワインは、軽めの赤ワイン感覚で料理を合わせてみましょう。
よく合うのがトマトソースを使った料理。魚介の煮込み料理やソテー、脂の少ないライトな肉料理や醤油や味噌で調理した料理もおすすめです。



また、ロゼワインを合わせる上で知っておくと役立つポイントがこちら。


★ロゼワインに近い色合いの食材や料理を合わせよう


つまりピンクやオレンジ色をした素材がよく合うということになります。

生ハムやアスパラベーコン、サーモンを使った前菜、エビチリなど色で合わせていくと外れが少なくなります。


「白ワインだと軽すぎるし、赤ワインだとちょっと重いかな」といった時にロゼワインが活躍してくれますよ!


ロゼワインが美味しいシチュエーション


見た目にも華やかで軽快に味わえるロゼワインは、ランチタイムのお供やホームパーティーやおもてなしのシーンにもおすすめ。

また、桜の季節にロゼワインはピンクのカラーがマッチして気分も華やぎますし、キリッと冷やした軽やかな味わいは夏場にも爽快に楽しめます。

ピクニックやBBQなど、アウトドアのお供にも最適です。


ロゼワインならではの美しい色合いを楽しんだ後に、香りや味わい、料理との相性をたっぷり堪能くださいね。


フランス三大ロゼワイン

プロヴァンス(フランス・プロヴァンス地方)

南フランスのプロヴァンス地方は、地中海沿岸に広がる世界屈指のロゼワイン産地です。

ニースやカンヌなど人気のリゾート地を有することでも知られ、この地方で生産されるワインの9割がロゼワインです。

特に生産量が多いのは「Côtes de Provence(コート・ド・プロヴァンス)」とラベルに書かれたもの。

南仏の太陽の恵みを存分に受け育ったサンソーやグルナッシュ、シラーが主要品種として用いられています。


その他に「Bandol(バンドール・赤も有名)」や「Cassis(カシス)」という地名が書かれたロゼワインも有名で、魚介料理のブイヤベースとの相性が良いことでも知られます。


プロヴァンス地方でおすすめのロゼワインを2本ご紹介しますね!

ミラヴァル・ロゼ

Miraval Rosé / Côtes de Provence / Jolie - PItt & Perrin

近年、プロヴァンスのロゼワインを牽引する存在となっているのが「ミラヴァル・ロゼ」です。


ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが、ロゼワインの産地でもある南フランス・プロファンス地方に購入したワイナリー「シャトー・ミラヴァル」が手掛ける1本です。


ビッグカップルが2008年にワイナリーを購入したとあって、当時から「ミラヴァル・ロゼ」は非常に大きな話題となり、毎年リリースのたびに人気を博しています。


二人が別々の道を歩むことになった現在もこのワイナリーは引き継がれ、フランス・ローヌ地方の名門として知られるペラン・ファミリーによって醸造されるワインの品質もさすがです。


ちなみにこちらのワインは毎年夏至の日に解禁され、ネットでも入手できますので、話題のワインを飲んでみたい!という方はぜひチェックしてみてくださいね。

MIRAVAL ROSE ミラヴァル・ロゼ 生産者:ミラヴァル(アンジー・ブラピ) AOC:コート・ド・プロヴァンス 品種:サンソー、グルナッシュ、シラー、ロール



バンドール ロゼ

@hiromi_wine Instagram


「バンドール」もプロヴァンス地方で造られるロゼワインのひとつで、「バンドール」とは同地方の港町の名前。

赤ワイン有名な産地ですが、ロゼワインも高品質なものが生産されており、ブドウ品種はムールヴェードルをベースに、ブールブーランやカリニャン、シラーなどが補助品種として用いられます。


「ドメーヌ・ラフラン・ヴェロル」が手掛けるこのロゼワイン、あんこう鍋に合わせてみたら素晴らしい相性でしたよ!

魚介の煮込み料理や竜田揚げともよく合いそう。
ぜひ試してみてくださいね。

原産国:フランス 地方/地区:プロヴァンス/バンドール 品種:ムールヴェードル 70%/サンソー 20%/グルナッシュ 10%


ロゼ・ダンジュー(フランス・ロワール地方)

フランス・ロワール地方のアンジュー地区もロゼワインの産地です。

この地区では辛口〜甘口の白ワインやスパークリングワインなど多彩なワインが造られていますが、ロゼワインでは「Rosé d'Anjou(ロゼ・ダンジュー)」「Cabernet d'Anjou(カベルネ・ダンジュー)」を生産。

カベルネ・フランやカベルネ・ソーヴィニヨン、グロロー、ピノー・ドーニなどの品種を用いて、甘さを感じるチャーミングなタイプのロゼワインが造られます。

タヴェル(フランス・ローヌ地方)

フランス南部のローヌ渓谷地方は赤ワインを中心としたワイン産地ですが、ローヌ地方南部に位置する「Tavel(タヴェル)」は、ロゼワインだけが生産される珍しいエリアです。

グルナッシュ種が主体の色が濃くしっかりしたロゼワインは、18世紀にルイ14世のお気に入りだったんだとか。


ロゼワインは世界各国で生産されていますが、まずはワイン大国フランスの代表的なものからトライしてみてくださいね♪


まとめ

世界的人気のロゼワイン。

白ワインに近いすっきりタイプから、赤ワインに近いしっかりタイプまで多彩な色調や個性があり、テーブルに彩りを添えてくれます。


・見た目がおしゃれ

・多彩な味わいが楽しめる

・幅広い料理に合わせられる

・全般的に価格帯が押さえめ



このような魅力が詰まっているのがロゼワインです。

日本ではロゼワインの浸透はこれからといったところですが、季節やシチュエーション・料理に応じた楽しみ方を取り入れながら、新たなワインの選択肢として「ロゼワイン」を加えてみてはいかがでしょう♪


あなたのお気に入りロゼワインを見つけたらぜひ教えてくださいね!
また今日の記事で分かりづらかったことや質問があれば、LINEから気軽にご連絡ください♪





★サイト未掲載の限定レッスンやワイン会情報は公式LINEから配信中!
 こちらから友達追加をするとスマホ宛にご案内が届きます♪


人気講座TOP30&トップレビュー獲得♪

超初心者向けワイン入門レッスン 東京都内/オンラインで開催中!

全国各地からご参加いただけます。



この記事が気に入ったらいいね!をお願いします♪