7月ワイン会開催【2016〜2018年のワインを楽しむ会】

https://alabouteille.com/



2016〜2018年のワインと、日本各地の食材を使用したビストロ料理を楽しむランチ会を開催いたします。

セラーにてゆっくりと熟成を経たフランスワインや、日本のワイナリーで購入してきたワインなど、いずれも6〜8年の年月が経ったワインをご用意しました。

フランスのボルドー地方、ローヌ地方、そして日本ワインを中心に、熟成による深みや複雑さを存分に味わっていただけたらと思います。


会場は、四ツ谷駅からほど近いビストロ「à La Bouteille(ア ラ ブテイユ)」。

日本各地のこだわり食材を使ったお皿はどれも大変美味しく、オーナーソムリエによる温かなサービスを含め、私も大好きなお店です。

当日はお店を貸切にさせていただきましたので、皆さまでゆったり楽しく美味しいお食事とワインに浸れればと思います。

お席に限りがありますので、お早めのお申し込みをお待ちしております。



【ワインラインナップ】

1. アルタ・ランガ ブリュット DOCG 2018
 イタリア・ピエモンテ州/アジィエンダ・アグリコーラ デルテット

2011年にD.O.C.G.に認定された、ピエモンテのスパークリングワイン。

2. K336 穂坂甲州 2016
 山梨県甲州市勝沼/MGVsワイナリー

2017年4月に勝沼町に設立された新興ワイナリーで、経営母体は世界的な半導体製造メーカー「塩山製作所」。

3. ル・ナルディアン 2016
 
フランス・ボルドー地方 サンテミリオン地区/JCP マルテュス

赤ワインの産地・サンテミリオンで造られる非常に希少な白ワイン(AOCボルドー)。 


4. エイドス・ブラン 2017
 フランス・ラングドック地方 AOCコルビエール/シャトー・ラ・バスティード

南仏品種ルーサンヌを主体に、ブールブラン種がブレンドされた珍しい白ワイン(平均樹齢40年)。日本ではなかなか手に入らない秘蔵の1本。

5. レスプリ・ド・ヴィーナス 2018
 山梨県甲州市塩山/奥野田ワイナリー

自社農園・神田圃場で収穫したメルロ50%、カベルネ・ソーヴィニヨン50%を用い、12ヶ月のオーク樽熟成を経て生み出された1本。

6. ル・プティ・デュクリュ・ド・デュクリュ・ボーカイユ 2018
 フランス・ボルドー地方 メドック地区/シャトー・デュクリュ・ボーカイユ

メドック格付け第2級シャトー格付け(サン・ジュリアン村)の実力派「デュクリュ・ボーカイユ」。このサードラベルは、シャトーの名刺代わりとして、若いうちから楽しめるエレガントな1本。

7. エルミタージュ ル・タン・デュヌ・ランコントル 2017
 フランス・ローヌ地方 A.O.C.エルミタージュ/カーヴ・ド・タン

銘醸地ローヌ地方の最高峰と評される、シラーの赤ワイン。地方生産者の「カーヴ・ド・タン」は、フランスで最も優れた協同組合のひとつで、北ローヌで驚くべき品質のワインを生産する。

 *多少変更となる可能性もございます


【お食事】
〜生産者の顔が見えるこだわり食材を使ったお食事〜

前菜
魚料理
肉料理(熊本県産あか牛)
バゲット


【日時】7月6日(土)12時〜


【会場】à La Bouteille(ア ラ ブテイユ)
東京都新宿区四谷1-8-14 四谷一丁目ビル B1F
(新宿通り沿い吉野家があるビルの地下1階)

JR中央線 四ツ谷駅 四ツ谷口 徒歩3分
東京メトロ 南北線 2番出口 徒歩1分


【定員】限定9名


【ご参加費】16,000円(税込)

*アレルギー食材がある方は事前にお知らせください
*事前の銀行振込をお願いいたします

〜キャンセルポリシー〜
諸手配や準備の都合上、ご入金後のキャンセルはご遠慮くださいませ。
大変恐れ入りますが、開催6日前〜 30% 3日前〜 100% のキャンセル料が発生いたしますので、予めご了承のほどお願いいたします。


【お申し込み方法】

以下のフォームより受け付けております。


    *1〜2営業日以内にお送りする【お申し込み完了】メールをもって、ご参加が確定となります。

    *メールに記載の日時までにお振込のほどお願いいたします。



    ご参加を心よりお待ちしております。



    今後、ワイン会やイベント等のご案内を受け取りたい方はLINE登録をお願いいたします。



    この記事が気に入ったらいいね!をお願いします♪

    この記事を書いた人

    佐藤 洋美
    佐藤 洋美Delight-Full Wine代表
    個人でワイン講師やオンラインショップ、ワイン通信講座など、ワイン事業を行っています。
    「正しく」より「楽しく」ワインを飲める人を増やしたい。そんな想いで日々活動しています。
    Instagram:@hiromi_wine